おばさんの気ままなひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ずっと想っていた事

<<   作成日時 : 2013/06/04 11:23   >>

トラックバック 0 / コメント 6

映画「西の魔女が死んだ」  のあらすじです
(ネットにて検索)


中学3年になったまい(高橋真悠)の元に“魔女”が倒れたという知らせが届く。祖母の家に向かう車の中で、まいの母(りょう)から祖母の訃報を聞く。魔女とは、英国人で、まいの母方の祖母のことだ。

まいは2年前のことを思い出す。中学に入学したまいは、登校拒否になる。母は、“西の魔女”と呼ぶ祖母(サチ・パーカー)の家にまいを預ける。祖母は魔女の血筋で、草木についての知恵や知識を受け継ぎ、物事の先を見通す能力を持っているという。まいは自分も魔女になりたいと思い、修行を始める。

魔女の修行とは、『早寝早起きをし、食事をしっかりとり、運動をし、規則正しい生活をする』ということと、『何事も自分で決める』といことだった。草原で摘んだワイルド・ストロベリーでジャムを作ったり、野菜やハーブを育てる生活は、まいの閉ざしていた心を解きほぐしていった。

しかし、近所に住むゲンジ(木村祐一)の心ない言動に、まいは心をかき乱される。それでも彼に寛大に接する祖母を、まいは理解できない。

そして、遂に決定的な出来事が起こる。小屋が荒らされ、鶏が殺されてしまったのだ。祖母は「イタチか野犬の仕業でしょう」と言うが、まいはゲンジが怪しいと思う。その家には茶色の犬がいて、鶏小屋にも茶色の毛が残っていたのだ。祖母は「イタチの毛も茶色い」と諭すが、まいは聞かない。それまでの不満が爆発し、「死んじゃえばいいのに!」と叫ぶ。祖母はまいをしかる。外に飛び出すまいを、雨のなか、祖母が迎えに来てくれた。

そして、祖母は話す。「体と魂はべつのもの。生きるということは、様々な体験をして魂を成長させること。死ぬということは、魂が体から離れること…私は魔女だけど、未来のことを知りたいとは思わない。日々、植物の成長を見ることがうれしい。けれど私が死んだら、魂が抜けたことを、まいに報告してあげる」と語った。

そんな中、父親がまいに会いに来た。別の街へ引っ越して、転校しよう、という。「嫌なら、ずっとここに居てもいい」と話す祖母に、まいは心を打ち明ける。
まいが学校に行けなくなったのは、女子たちの集団行動や理由のない仲間はずれに、疎外感や嫌気がさしたからだった。「新しい学校に行っても、私が変わらなければ、何も解決しない」とまいは自身でも分かっていた。そして、まいは自らの意志で、祖母のもとを離れることを決意したのだった。

2人は心にわだかまりを残したまま、まいは祖母の家を離れることになった。まいは久々に祖母の家を訪れる。静かに横たわる祖母を前にして、不本意な別れ方をしたことを後悔するまい。しかし、祖母との約束を思い出したまいは死んだ西の魔女から、最後のメッセージを受け取るのだった

泣き崩れる母親をおいて、ひとり台所でうつむいていると、ゲンジが訪ねてくる。「俺はできが悪いけど、ここのばあさんにはよくしてもらった」本気で悲しんでいる様子だった。

ゲンジが帰った後、まいは気づく。ガラス窓に、先ほどまではなかった文字があった。
「ニシノマジョ カラ ヒガシノマジョ ヘ。 オバアチャン ノ タマシイ、ダッシュツ ダイセイコウ!」

その文字を見て、「おばあちゃん、大好き」と、まいが呟くと、祖母の口癖「I know」という声が聞こえたような気がした。



原作は読んでいませんが

何年も前

わたしに孫が出来たら

こんな おばあちゃんになりたいと思っていました


無事何事もなく元気なに恵まれ

何年か経って・・・・・などなど

想像は膨らむばかりです


先日 ご近所をひとまわりしていた時

今まで見たような事のないお花を見つけ

今度はひとりでその場所へ

そしたらぱとちゃんに会いました
画像


綺麗に咲いているお宅もあります
画像


ちょっと失礼して
画像



花は静かにひとりネンネしたい時
画像

落ち着くのでしょうか


珍しいお花
画像



フェイジョア


花言葉は


「実りある人生」



末娘を みのりと名付けました

大きな夢や大きな希望は

わたしの年になったからなのか

思わなくなりました。。。


子育てが始まると 

一瞬一瞬 毎日毎日が闘いのような日々です

でもそれ以上に満たされた想いを感じさせてくれます



実りある人生を


母から娘へ 第二弾


ご覧いただきありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「西の魔女が死んだ」の原作が読んでみたくなりました。
私もおばあちゃん子だったので・・・
おばあちゃんは、私が小6の時に亡くなりました。
大人になって、おばあちゃんの愛情と存在の大きさに気が付きました。
娘さんのお腹の中で健やかに育っている命。
生まれてくるのを待つ時間て、愛おしいですね!

モカもゆっくり寝たいときは、クレイトに入りたいようです。
でも、クレイトの中で発作を起こしたので、頭を打つ危険があるので今は、禁止です。
テーブルの下にもぐって寝ています。

花ちゃん、毎日、ゆったり、のんびり過ごしてね♪
穏やかな時間がたくさん流れますように・・・
gakun
2013/06/06 10:58
もう数年前になるけど原作を読みました

鮮烈な光を放つような小説ではないのですが しみじみと心に染みいるお話しでした
文字から想像することが いっぱいあって・・・・
確か・・・家事一般・この家の空気が細かく描かれていて まるで絵を見てるようでした
娘達も読んで なんと! 娘2号は夏休みの宿題の感想文も書きました!
ぜひ 一読下さい!(映画にもなったよね!)
あやっち
2013/06/07 07:22
「西の魔女が死んだ」
とても興味が湧きました。
魔女の修行、私も受けてみたいです(笑)
早寝、早起き、何事も自分で決める
とても苦手です。
修行すると改善するかな???

花ちゃん、とっても元気そうですね。
ひとりネンネ姿とってもかわいいです。

私にも子供が授かったら花ママさんお様に
子育てできたらなぁと思います。
昨日陽性判定をもらいました!
今日はその報告でした。
花ママさん、いつも気にかけてくださり
ありがとうございます
tasukesan
2013/06/07 07:54
gakunさんへ・ありがとう♪
わたしは祖父母の事は写真でしか知りません。
昔々お友達がお正月おじいちゃんやおばあちゃんからお年玉をもらっているのを羨ましく思ったりしたものでした(笑)
原作は読んでいませんが映画を観ていつかおばあちゃんになる日が来るのかなぁ〜なんて思いながら過ごしていましたが
いざ現実となると ただただ無事元気にとそれだけですね。
病気を抱えていると大きな不安に襲われる事もあるかと思いますがスヤスヤ気持ち良さそうにネンネしている姿は可愛くて癒されますね♪
モカちゃんも一日一日何事もなく穏やかな時間が流れますよう!
日々楽しんでくださいね
花ママ
2013/06/07 12:25
あやっちさんへ・ありがとう♪
わたしは確かマリーがほとんど寝ている事の方が多くなった時映画を観ました。
わたしのお婆ちゃんの理想像!って娘に言った時
「ふぅ〜ん」って味気ない返事でしたが
いざ現実となる時が近づいてなお一層そんな想いをいだいています。
娘2号ちゃんの感想はどうだったんでしょう?
聞いてみたいなぁ〜
最近は全然読書してなくてバタバタしていますが心はとても落ち着いて穏やかです。
本物のおばあちゃんになる前に読まなくちゃ!
花ママ
2013/06/07 12:37
tasukesanさんへ
やったね!良かったね!おめでとう
気になって経過をずっと見ていましたよ。
想い続けるってとても大変だし何度もがあった事と思います。
これからも日々期待と不安が入り混じってなかなかリラックスした気分になれないかも知れないけど
よく食べてよく寝ていっぱい笑って・・・!
きっときっとtasukesanの想いが届くと思うよ!!
報告
わたしはめんどくさがりでこのおばあちゃんのようになれないかも!?
でも早寝早起き・何事も自分で決めるはクリア出来てるような気がする
予定はいつになるのかぁ〜?
娘よりちょっと後かな。。。
tasukesanに抱かれたそして傍らに旦那ちゃん楽しみにしてるね!
どうか無事何事もなく・・・祈っています!!
花ママ
2013/06/07 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ずっと想っていた事 おばさんの気ままなひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる