おばさんの気ままなひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月5日〜6日の事

<<   作成日時 : 2011/08/05 09:22   >>

トラックバック 0 / コメント 8

一日早いけどが旅立って1カ月になります


画像


↑の時計は置き場所が転々として
最後に置かれたのはマリーの頭の上にありました。
どこそこのメーカーというのでなく
昔・子供たちが洗面所のとりあいをしていた頃のものなので随分古いものです。
早く支度しないと遅れるよといった意味で置いたものです。

こんな状態になったのがいつだったのか記憶にないんです。秒針がいったりきたりしています。
(動画を撮ったのですが載せられませんでした)2カ月前かな?
旦那さんは壊れているだけ
電池が切れればそのうち止まる・・・と言ってます。

5日・前日
仕事から帰り・いつものように水を飲ませてあげて
ごはんを用意し食べさせてあげると
作っている間から鼻をピクピクさせて
いざ食べるとなった時
その勢いの凄い事・もっとゆっくりと笑ってしまいました。
スプーンやお皿も食べてしまうほどの勢いでしたから。。。

夜・あと1年は大丈夫などと話していました。

夜中2時頃・横で寝ていたマリーの呼吸があまりにも静かで
ドキっとして身体を触り・耳をあて・寝息を聞き安心して眠りました。

4時頃足元が冷たく・もらしたかな・・・と思いながらも
起きてから片付けようとまたそのまま寝てしまったんです。

後で息子から聞いた話では3時半頃横で寝ていたマリー(逆向きでした)
もがきながらわたしの足もとへ近づいて行こうとしていたそうです。
わたしが寝ていたものだから声をかけず二階へ上がったそうですが
足元へ辿り着いた時力尽きたのだと思います。
その時間が時計の時間だとわたしは思っています。

主人はこの時計を捨てようとはせずいまだに秒針がいったりきたりしています。
主人は目に見えるものしか信じません。
わたしは目に見えない事の方が大事だと思っています。

こころは見えるでしょうか・・・

職場のお友達のは13歳で亡くなったんですが
いつも・出かける時
お母さんが帰って来るまで待つんやで
お母さんの目の前で逝くんやで・・・と声をかけていたそうです。

わたしは出かける時
ひとりで逝ったらあかんよ
それを繰り返していました。

足元が冷たいと思った時
わたしはマリーに触れていたのに足をよけてしまいました。
何故あの時起きてやらなかったんだろう
たしかに・ひとりでは逝かなかった

でも看取ってあげる事は出来なかった。

わたしの腕の中で眠らせてあげたかった。

仕方ないよと言われるのが今は一番辛いです。

長々・胸の内をつぶやいてしまいましたが・・・

その後も空を撮り続けています


8月3日の空
画像


画像


画像

サルスベリが綺麗に花を咲かせています


おまけ↓
画像

先日・待合室に置いてあった
夏ですね。とてもかわいかったので。。。

しばらく
『開店休業』の看板をかけますが

お盆が過ぎたらまたなって

気ままにつぶやいていこうと思ってます

マジカルメーカーでいろんな事が出来そうだし

頭ひねって・ひねってならないように


追加

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
マ〜マさん♪ こんばんは^^

マリーちゃん 
最後はママさんに触れることが出来て幸せだったと思います
ママさんはマリーちゃんへの思いを
今もしっかりとお持ちなんで
気持ちは伝わっているはずです

言葉足らずですみません

ママさん 前記事のコメントのお返事
嘘つきだなんて、おっしゃらないで^^

今は、ママさんの落ち着くときまで
ゆっくりと〜♪

ウチのは読み逃げしまくって下さい!
れい
2011/08/05 22:50
マリーママさん、
おはようございます!

マリーちゃんの事、ママさんがあーしとけばよかった。こうーしとけばよかった、、、と思う気持ちわかります。でもマリーちゃんは、やさしいママさんお所にこれて本当に幸せだったと思いますよ!
あんまり自分を責めすぎないでくださいね。

今日もお空の写真ステキです。
動画、添付できたのですね。
秒針がいったりきたりの時計、見ました。
何故か暖かい気持ちになりました。

ママさん、
ブログの訪問の件は気にしなくていいですよー
読み逃げも大歓迎です。
tasukesan
2011/08/06 04:23
れいさんへ・ありがとう♪
が激しくて
単純なのに考えすぎたり・・・
いつもお付き合いくださってありがとう
マリーの事は大きすぎて
こころが大きく揺れています
ゆっくり・は難しいですね(笑)
気まぐれなので休業の看板はかけたりはずしたりするかもしれません。
マジカルメーカーかなり
またおじゃまします
ママ
2011/08/06 08:31
tasukesanさんへ・ありがとう♪
幸せだったと言っていただけて
気持ち・少し休まるのですが
でもやっぱり・・・って感じです。
空は大好きでこの先
今まで以上に撮るかもです
時計は今日も秒針・動いています
tasukesanの願いが叶うよう。。。
ほんとに・ほんとに祈っています
だけど・またひょっこり伺ってコメントさせていただくかも・なので
これからもよろしくお願いします
ママ
2011/08/06 08:44
ママさん♪
今日でもうはやマリーちゃんの旅立ちから1か月ですね
Windyも今日で1年半です。
今頃二人どうしてるかな〜なんて空を仰いでみました。

マリーちゃんはママさんのぬくもりを感じていましたよ。
決して一人じゃなかったよ。
側にママさんがいて安心して旅立てたと思います。
今、ママさんの心は後悔でイッパイなのかもしれないけど、最期は大好きなママの側でマリーちゃんは幸せだったはずです。
時計の時間・・・その10分後に私、目が覚めたんよ。
いつもは目覚ましがないと起きないのにね
マリーちゃん、私に会いに来てくれたんだと思うねん。
その時計見て、「やっぱりそうやったんや!」って思ったよ。
私、霊感まったくないけどね。オバケ怖いし〜。
でもマリーちゃんがホントに何か伝えに来てくれてたんならめっちゃ嬉しいです
て言いながら今泣いてんねんけど・・・

ママさん。よく頑張ってここまで書いたね!
辛い気持ち寂しい気持ちを抑えながら、あの日の事をここまで書いてくれて、ありがとう!
マリーちゃんの魂は生き続けていますよ
みきたま
URL
2011/08/06 17:37
みkたまさんへ・ありがとう♪
Windyちゃん1年6カ月・マリー一カ月
早いのか・遅いのか・・・?
今日いっぱい空撮りました。
空というより飛行機雲を追いかけました。
朝・職場へ向かう途中・着いてから。
みきたまさんから飛行機雲の話しを聞いてからまたマリーが旅立ってから
雲を見ながら探してしまいます。
みきたまさんから以前は死を怖れないと聞いて・その後が旅立つとどうなのかと質問した事があるんです。
ひとのように執着がないから
すぐにお空へ昇るそうです。
マリーはきっと・みきたまさんのところへ
行ったと思います。
出会えたきっかけはマリーですが、弟んちの先代とWindyちゃんが重なった事も
きっかけです。
ここでしか・今は話せないんです。
でも食いしん坊のマリーらしく
それを思うとちょっと笑えます
看板あげたり・さげたりしますが・・・
みきたまさん・ありがと〜
ママ
2011/08/06 20:15
ママさん
切ない・・・
途中何度も文字が滲んできて・・・

ママさんは腕の中で看取ってあげられなかった事で辛い思いをしておられますが、ママさんの傍らでママの温もりを感じながらマリーちゃんは旅立てたのですから、きっとマリーちゃんは幸せだったと思います。
ママを起こしてしまったらお別れし辛くなるって、きっとマリーちゃんは解っていたのかも。そう思います私。

私もママさんと同じ思いです。腕の中で看取ってあげたい・・・
一人では逝ってほしく無い・・・
それだけは約束してほしい・・・
ママさん、秒針の動画見ました・・・
何かとても不思議な感覚を覚えました。
JUNKO
2011/08/10 11:19
JUNKOさんへ・ありがとう♪
一昨日秒針が止まったんです。
マリーがいなくなってから初めて涙を流さなくなった日です。
一カ月以上経って今思う事は
もし・わたしの腕の中で旅立ったとしたら
わたしは取り乱しパニックになっていたと思います。
ブログには書いていませんが一度・仕事から帰って来た時隅っこに置いてあった椅子の中にもぐりこんでて
ひきつけを起こしたのだと思いますがもがき苦しんだのでしょう。
家具には傷跡・床は血だらけ・口を噛んでその跡です。
荒い呼吸だけが聞こえていて姿が隠れていたんです。
水を飲ませてあげてる時・これ以上苦しまないでと思いました。
時計が止まってしまったのは
もう大丈夫かなとマリーが思ったかどうか!?
お返事書きながら・やっぱり涙が流れます。
でも少しづつですが元気になっています。
KAITOちゃんにはゆっくり・ゆっくり時が流れてほしいと願うばかりです。
JUNKOさんが言ってくださった事
とてもうれしいです。
ありがとう
ママ
2011/08/10 18:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
7月5日〜6日の事 おばさんの気ままなひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる